ベルタマザークリームに配合されいるへスぺリジンの効果について

MENU

ベルタマザークリームに配合されているへスぺリジンの効果効能

妊娠をして日が経つと、徐々にお腹が大きくなり、皮膚が変化に耐え切れなくなって妊娠線と呼ばれる線が出来てしまいます。

 

妊娠線は徐々に薄くなっていきますが、完全に消えることは難しく痕が残ってしまうのです。

 

そこで使用するとよいのが妊娠した時の肌トラブルをふせぐベルタマザークリームです。

 

ベルタマザークリームというローションでもオイルでもなくクリームでスキンケアで行うことで、成分が肌にまんべんなく行き渡ることができるし、衣服などについて染みになるという心配もありません。

 

ベルタマザークリームは無添加で、葉酸やコエンザイムQ10など肌を整え、美しく保ための成分が多く配合されています。
へスぺリジンもまた、その配合成分のひとつで、ポリフェノールの1種です。

 

へスぺリジンは、青みかんなど柑橘類に多く含まれているものですから、妊娠中に摂取しても何も問題はないものです。

 

ビタミンPという名称もあるへスぺリジンの効果効能は、毛細血管を強化して血流の改善を行うことです。

 

また、抗酸化作用を持つビタミンCの吸収を促進するので、肌老化に対しても効果があります。

 

妊娠をしている時には、ホルモンバランスが崩れることで、特に肌トラブルが起こりがちです。

 

へスぺリジンは、そんな肌の状態を改善する事も期待でき、妊娠線が出てしまって悩む女性にはとても心強い味方となります。

 

それに、予防として塗っておけば、血流が良くなったことで肌が柔軟になり、妊娠線のように肌が裂けてしまうことなく、伸びていくことが期待できます。

 

関連ページ

配合成分であるシラノール誘導体の効果や効能について
ベルタマザークリームに配合されているシラノール誘導体の効果や効能についてご紹介しています。海外では妊娠線予防にこのシラノール誘導体が配合されているクリームやジェルが当たり前となっているようです。
配合されている成分の一つであるコエンザイムQ10の効果効能
ベルタマザークリームの配合成分であるコエンザイムQ10の効果について詳細をまとめています。妊娠線は早くから対策することが重要ですのでしっかり理解しておきたいところです。
配合されている葉酸の効果について
ベルタマザークリームは妊娠線予防に有効なシラノール誘導体やその他多くの有用成分が配合されています。その中の一つ、葉酸の効果についてこちらにまとめました。

ベルタマザークリーム