ベルタマザークリームに配合されているシラノール誘導体の効果や効能について

MENU

シラノール誘導体はできてしまった妊娠線を消すこともできる!?

シラノール誘導体

 

妊娠線予防クリームは数多くありますが、その中でもベルタマザークリームは効果が高く人気です。

 

なぜ、ベルタマザークリームが有効かと言うと、保湿成分が豊富に含まれているからです。

 

その中でも注目の成分はシラノール誘導体です。

 

シラノールとはケイ素を含む成分のことで、ケイ素は肌のハリを形成するコラーゲンを再生、修復する効果があります。

 

つまり、ハリの失われた肌に効果的にケイ素を与えるとコラーゲンを再生するので、ハリを取り戻してしっとりもち肌になるのです。

 

妊娠線の原因の一つは急激にお腹が大きくなることです。

 

お腹の肌が引っ張られ、それに皮膚が追いつかないため、皮膚のコラーゲン組織が傷つきハリを失い乾燥して妊娠線を形成してしまうのです。

 

一度、妊娠線ができてしまうと元に戻すことはなかなかできません。

 

様々なクリームなどスキンケア商品を使っても、ハリを形成する肌の奥の角質に成分が届かなければ効果がないからです。

 

妊娠線を消すためには肌表面だけをケアするのでなく、肌の奥の角質層をケアしなければいけないのです。

 

その点、ベルタマザークリームに配合されているシラノール誘導体は角質層のコラーゲン組織に行き届いて、ハリを形成する役割をするので有効です。

 

妊娠初期から使用すれば妊娠線を予防できますし、できてしまった線を消すこともできます。傷ついたコラーゲン組織を修復し、再生するからです。

 

このようなことからベルタマザークリームは妊娠によって生じる肌トラブルのケアとして有効です。

関連ページ

配合されている成分の一つであるコエンザイムQ10の効果効能
ベルタマザークリームの配合成分であるコエンザイムQ10の効果について詳細をまとめています。妊娠線は早くから対策することが重要ですのでしっかり理解しておきたいところです。
配合成分へスぺリジンの効果効能
ベルタマザークリームはシラノール誘導体が配合されている妊娠線予防クリームとして人気を集めていますが、その他にも有用成分であるへスぺリジンが配合されています。このへスぺリジンの効果効能はどのようなものがあるのでしょうか?
配合されている葉酸の効果について
ベルタマザークリームは妊娠線予防に有効なシラノール誘導体やその他多くの有用成分が配合されています。その中の一つ、葉酸の効果についてこちらにまとめました。

ベルタマザークリーム