生まれてきた赤ちゃんの顔と4D写真で見るお腹の中の赤ちゃんの顔はそっくりなのか

MENU

4D写真の顔と生まれてきたときの赤ちゃんの顔はそっくりなの?

ベルタマザークリーム

 

妊娠するというのはとても素晴らしい事です。

 

とくに、赤ちゃんを待ち望んでいた夫婦であれば、飛び上がるほどうれしい事です。

 

ほとんどの人は、妊娠の可能性がある場合、薬局などで販売されている妊娠判定薬などで妊娠しているかどうかをチェックします。

 

そして、陽性反応が出たなら産婦人科に行って医師による診察を受けます。

 

赤ちゃんができている事が確定したなら、その後も産婦人科を受診しますがほとんどの産婦人科では、エコーを使ってお腹のなかにいる赤ちゃんの様子をチェックします。

 

はじめのうちは、赤ちゃんの形は不鮮明ですが週数が経つにつれて、はっきりと見えるようになります。

 

エコーの機会や性能は産婦人科によって異なりますが、なかには4D写真で赤ちゃんの様子を見る事が出来るところもあります。

 

4D写真で赤ちゃんを見ると立体的ではっきりと見る事が出来ます。

 

顔の形、手足の形さらに指しゃぶりしている姿など見る事が出来ます。

 

では、エコー写真で見たお腹のなかの赤ちゃんと、実際に生まれてくる赤ちゃんはそっくりなのでしょうか?

 

これに関しては意見が分かれます。お腹のなかにいた時の写真と生まれて来た時の写真がそっくりだった。という夫婦もいれば、全く似ていなかった。という夫婦もいます。

 

では、病院は何のためにお腹のなかにいる赤ちゃんの写真を撮るのでしょうか?

 

それは、お腹のなかにいる赤ちゃんの健康状態や様子を確認する事と、夫婦に親になるための準備と期待を持たせるためです。

 

実際にお腹のなかにいる赤ちゃんの写真を見ているなら、赤ちゃんに会えるのが楽しみになる事でしょう。実際に生まれて来た赤ちゃんが写真ともし似ていなくても、きっと愛情込めて育てるでしょう。


ベルタマザークリーム