妊娠時の肌トラブル

MENU

妊娠時の肌トラブルにはシラノール誘導体が有効

妊娠時の肌トラブルで代表的なものは、
「妊娠線」です。

 

一度できてしまうとなかなか消えないため
おなかが膨らみ始める妊娠4ヶ月頃からは
妊娠線防止のための対策をしないと
後で後悔することになります。

 

そんな妊娠時の肌トラブルに有効とされているのが
「シラノール誘導体」です。

 

シラノール誘導体とは

 

シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)は、ケイ素化合物の最もシンプルな形を、
肌バリヤを通過しやすく作られたものです。ケイ素は単体では存在しにくいため、
シラノール誘導体(ヒドロキシプロリシランCN)として化合されます。

 

ケイ素は、人体に必要なミネラルのひとつであることが、認められました。
しかし、ケイ素は加齢とともに減少していきます。
また、体内で作られないため、必須成分として外から取り入れることでしか、補う方法がありません。

 

シラノール誘導体

 

海外ではずっと前から妊娠線予防成分として、妊婦さんたちの間で使われています。
シラノールが持つホメオスタシス(環境の変化に問わず、一定の状態に生体組織を保つこと)は、
妊娠線だけではなく、もう治らないと思うような皮膚のシワをも薄くする効果があります。

 

そんなシラノール誘導体に着目した妊娠線予防クリームが

 

ベルタ妊娠線クリームです!

 

ベルタマザークリーム販売ページへ


ベルタマザークリーム